ビタミンCのサプリメントの副作用について

サプリメントを使って、ビタミンCを体内に取り入れている人は多いですが、身体に悪影響をもたらすことはないのでしょうか。サプリメントは健康食品として販売されているので、副作用はないという印象があります。とはいえ、サプリメントの中には、思わぬトラブルの原因になってしまうこともあります。ビタミンCは健康にも、美容にも効果があると言われているため、たくさん飲みたいという人もいますが、注意点もあります。ビタミンCは、アスコルビン酸と呼ばれる水溶性の物質です。過剰に摂取してしまっても、ある程度ならば水に溶け出して、体の外へと出ていきます。しかし、許容量をオーバーした摂取の仕方をしていると、腸が動きすぎて下痢の原因になったり、嘔吐感を感じてしまうこともあります。ビタミンCを飲み方をきちんと踏まえて利用している限りは、お肌をきれいにして、身体を健康にしてくれる優れた栄養素です。人体は、常に脅威にさらされています。加齢やストレスで発生する活性酸素や、不健康な生活、紫外線の影響などです。活性酸素の働きによって老化が進むことがないように、ビタミンCの抗酸化作用が活性酸素の働きを抑制してくれます。ビタミンCが足りなくなると、コラーゲンの生成が十分にできなくなって、肌トラブルの要因になってしまいます。お肌をきれいに保つには、ビタミンCの存在が必須だとも言われていますので、サプリメントを上手に活用したいものです。サプリメントだけでなく、ビタミンCを含む食事を意識して献立に組み込むことで、体内のビタミンC濃度を一定に保つことが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です