天然成分のビタミンCが配合されたサプリメント

ビタミンCのサプリメントには合成された成分の場合と天然成分が配合された商品があります。天然成分と合成成分のどちらが体に良いかと聞かれると、ほとんどの人が天然成分のサプリメントと答えることでしょう。多くのサプリメントでは天然成分の商品の方が良いようですが、ビタミンCに限っては話が違うようです。ビタミンCは、合成ビタミンCでも、天然ビタミンCと同様の効果があると考えて使うことができるといいます。合成されたものも天然のものも、ビタミンCの構造が全く同じ同一のものが製造できるので、差がほとんど無いのです。そっくりにつくろうと思っても、天然成分と同じ構造の物質がどうしてもできなければ、天然成分から取り出してサプリメントにしたほうがいいことになります。構造が複雑に出来ている多くの栄養素については、一般的に言われているように、天然成分のサプリメントの方が良いのです。ビタミンCの場合はどちらも構造がほとんど同じである為、摂取することで得られる効果も両者には差がないと言われています。天然成分のサプリメントは農産物などに含まれている材料を利用するため、場合によってはアレルギー物質が入っていたり、農薬の危険性がゼロではないとも考えられます。また、天然成分から製造されるサプリメントは、コストが高くなることがあります。原材料の購入金額がサプリメントの金額に上乗せされるためです。合成成分のサプリメントは、工場で大量に生産できるので、コストパフォーマンスに優れてている商品になります。ビタミンCのサプリメントを使う時には、合成ビタミンCのサプリメントにするか、ビタミンCを含む天然素材のサプリメントにするかも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です